診療予約
TOPへ
虎ノ門中村クリニック虎ノ門中村クリニック
虎ノ門中村クリニック
03-6823-1409
オンライン予約

Menu

鼻中隔弯曲症

鼻中隔弯曲症

鼻中隔弯曲症は左右の鼻を隔てる鼻中隔がゆがむもので成人の約8~9割が湾曲しています。湾曲は成長の過程で左右不均等が生じるために発生します。鼻中隔が湾曲していても軽度の場合、症状はありませんが、湾曲がきつい場合は鼻づまりなどの症状を起こします。

鼻中隔弯曲症

鼻中隔弯曲症の原因

鼻中隔は軟骨や骨で形成されています。成長時にこの鼻中隔が過度に発育し、鼻の中に納まりきれなくなることで徐々に歪みがおこります。そのほか事故やスポーツでの外傷が原因で変形を起こすこともあります。

鼻中隔湾曲症の症状

鼻中隔湾曲症の症状としては軽微なものでは無症状のことが多く、湾曲が大きくなると鼻づまりなどを起こします。また風邪をひいたときなど鼻水が出にくくなります。鼻中隔湾曲症は副鼻腔炎、嗅覚障害、いびきなど他の病気の原因になることもあります。

鼻中隔湾曲症の検査

鼻腔ファイバースコピーを用いて鼻腔内を確認するほか、弯曲の程度、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎といった合併症の有無も調べていきます。また場合によってはCT検査などを経て診断します。

鼻中隔湾曲症の治療

症状を緩和するための対処療法としてアレルギー薬、点鼻ステロイド薬、抗ロイコトリエン薬などが用いられます。これらで症状が改善しない場合は、外科的手術も検討されます。この手術は鼻中隔矯正術といい、湾曲した軟骨や骨を除去して歪みを改善します。 鼻中隔湾曲症は鼻中隔の外側にある下鼻甲介という突起に炎症を起こすことがあるため、「粘膜下下鼻甲介骨切除術」という手術を行い鼻の通りを良くする手術も行われることが多いです。

鼻中隔弯曲症

当院での検査・治療の流れ

症状のヒアリング・鼻腔検査
鼻づまりの程度・鼻腔ファイバースコピーでの確認

必要に応じCTでの検査
慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などの合併症がないかどうかも確認します

内服治療

再診
効果判定・投薬調整・内服継続の判断

※ 合併症を繰り返す場合は手術をお勧めします。提携医療機関をご紹介いたします。

医療機関の方へ
03-6823-1409 診療時間