診療予約
TOPへ
虎ノ門中村クリニック虎ノ門中村クリニック
虎ノ門中村クリニック
03-6823-1409
オンライン予約

Menu

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症

甲状腺は甲状腺ホルモンを作る臓器で、のどぼとけの下にあります。甲状腺が作り出すホルモンは血液に乗って全身の臓器に運ばれ、新陳代謝を盛んにする働きをします。この甲状腺ホルモンが少なすぎると代謝が落ちて症状が出てきます。その症状は一般的には、無気力、疲労感、むくみ、体重増加、動作緩慢、便秘などがあります。軽度の甲状腺機能低下症では無症状の場合もあります。甲状腺ホルモンは代謝の調整以外にも、妊娠時に子供の発達に重要なホルモンで、甲状腺機能低下症では不妊や流早産、胎児や乳児の成長や発達の遅れとも関連してきます。

甲状腺機能低下症の診断

甲状腺ホルモン値の低下と甲状腺刺激ホルモン(TSH)の値の増加によって診断します。

甲状腺機能低下症の原因

甲状腺機能低下症の原因は、甲状腺でのホルモンの合成と分泌が低下した場合と、甲状腺ホルモンは十分に供給されているのに、標的組織の作用に異常があってホルモン作用が発揮されない場合があります。甲状腺でのホルモンの合成と分泌が低下した場合は、甲状腺自体に原因がある「原発性甲状腺機能低下症」と、甲状腺自体には異常はないものの視床下部や下垂体の機能低下が原因の「中枢性甲状腺機能低下症」があります。甲状腺ホルモン不応症は、甲状腺ホルモン受容体の先天異常が原因であることが多くあります。

橋本病

甲状腺機能低下症の代表が橋本病です。橋本病は甲状腺ホルモンの量が不足することで新陳代謝が低下し、全体に老けていくような症状がみられます。無気力で頭の働きが鈍くなり、忘れっぽく、ひどくなると認知症の原因の1つにもなります。寒がり、皮膚が乾燥してカサカサになる、体全体がむくみ、髪も抜け、眠気が常にあり活動的でなくなります。

甲状腺機能低下症の症状

甲状腺機能低下症の主な症状には、むくみ、寒がり、体重増加、脱毛、便秘、皮膚の乾燥、生理不順などが挙げられます。これは甲状腺ホルモンの新陳代謝を活性化する働きが弱くなることで全身の器官や精神的な活動性が低下することで起こります。重症化すると粘液水腫性昏睡に進行したり心不全などの合併症を引き起こすこともあります。

当院での検査・治療の流れ

詳細なヒアリング・問診・採血
補助的検査:胸部レントゲン・心電図

甲状腺エコー検査

治療開始または経過観察
初期の段 階では,1ヵ月に 1~2 回受診。その都度, FT4,FT3,TSHの検査を行う。 数ヵ月後,甲状腺ホルモンが正常化した段階では,受診 は 2~3ヵ月に 1 回

医療機関の方へ
03-6823-1409 診療時間