診療予約
TOPへ
虎ノ門中村クリニック虎ノ門中村クリニック
虎ノ門中村クリニック
03-6823-1409
オンライン予約

Menu

肝機能障害

肝機能障害

肝機能障害とは、おなかの右上にある肝臓に何等かの原因で炎症がおこり、血液検査で異常値を示す状態をいいます。初期では自覚症状がほとんど無いため、健康診断や人間ドックでの血液検査で指摘を受ける場合があります。血液検査では、AST、ALT、γGTP、ALP、LDH、ビリルビンの数値を見ます。これらの数値が高いほど幹細胞の障害が重いと言えます。

肝機能障害の原因

肝機能障害の主な原因には以下があります

  • B型、C型肝炎ウイルスによる肝炎
  • アルコールの長期摂取によるアルコール性肝炎
  • 薬剤の服用によっておこる薬剤性肝炎
  • 自己免疫障害でおこる自己免疫性肝炎などがあります。

いずれの原因でも慢性に進行すると肝硬変や肝不全のリスクは高まります。アルコールを飲まれる方、肥満の方は生活習慣など注意する必要があります。

肝機能障害の症状

肝機能障害は初期では症状がほとんどありません。全身の倦怠感、、嘔吐、黄疸、むくみ、食欲低下など症状が現れている場合は肝機能障害が進行している可能性があります。病気を初期で発見するためにも定期的な健康診断はとても重要です。

肝機能障害の治療

肝機能障害は、慢性肝炎から進行させない事が重要です。慢性肝炎はその後、肝硬変、肝がんに進展するため早めの治療が必要です。治療は肝機能障害の原因によって異なり、B型、C型肝炎の場合はインターフェロン治療が必要です。アルコール性の場合は禁酒を行い、食事運動療法を取り入れます。

※ 治療の過程でさらに詳しい検査が必要と判断した場合は、連携病院や基幹病院を紹介することもあります。

医療機関の方へ
03-6823-1409 診療時間