診療予約
TOPへ
虎ノ門中村クリニック虎ノ門中村クリニック
虎ノ門中村クリニック
03-6823-1409
オンライン予約

Menu

口内炎

口内炎

口内炎は口のなかに水疱やただれ、潰瘍など、口の中の粘膜に生じる炎症のことを言います。口内炎は外部からの物理的な刺激や、細菌・ウイルスへの感染、ビタミン不足、自己免疫疾患(ベーチェット病、シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデスなど)など様々な原因で起こります。

口内炎の原因

口内炎の原因は、サイズの合っていない義歯から繰り返し受ける刺激を原因として生じる場合や、細菌、真菌、ウイルスへの感染が原因で生じる事もあります。ウイルス感染を原因とした口内炎の割合は多く、帯状疱疹、手足口病、風邪、麻疹、単純ヘルペス感染症などの一症状として口内炎が現れます。このほかには自己免疫疾患(ベーチェット病、シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデスなど)を原因として口内炎が生じる場合もあります。喫煙者の場合は口腔がんに罹患しやすく、口内炎が初発症状のこともあります。

口内炎の症状

口内炎の症状は、痛みです。歯ブラシが触れただけでも痛みが生じ、場合によっては痛みで食事もしにくくなります。

口内炎の検査

場所や形によっては悪性を疑うこともありますので内視鏡でよく観察することがあります。また亜鉛不足や自己免疫性疾患が疑われる場合は採血にて確認を行います。

口内炎の治療

口内炎の治療には細菌・真菌・ウイルスが原因となっている場合は、抗菌薬、抗ウイルス薬を使用することもあります。口内炎がなかなか治らないような場合は口内炎ではない場合もあります。なかなか治らない方や、悪化している方は早めの受診をおすすめします。偏食やビタミン不足、不眠がある場合はビタミン剤の併用をお勧めしております。

当院での検査・治療の流れ

口内炎の広がりの確認

検査

軟膏またはパッチやうがい薬
ウイルス薬、ビタミン剤など

再診

ビタミン剤などの継続処方

※ 治療の過程でさらに詳しい検査が必要と判断した場合は、連携病院や基幹病院を紹介することもあります。

医療機関の方へ