診療予約
TOPへ
虎ノ門中村クリニック虎ノ門中村クリニック
虎ノ門中村クリニック
03-6823-1409
オンライン予約

Menu

中耳炎

中耳炎

耳の中にある鼓膜の内側に中耳はあります。この中耳が細菌やウイルスに感染して炎症を起こす病気が中耳炎です。中耳には喉と中耳腔をつなぐ耳管があります。この耳管を経由して細菌やウイルスが侵入します。中耳炎には急性中耳炎と滲出性中耳炎があり、急性中耳炎の原因は風邪や大量の鼻水があり、滲出性中耳炎の原因にはアデノイドが大きい、アレルギー性鼻炎などがあります。

耳の内側

中耳炎の原因

中耳炎は耳管を経由して喉から細菌やウイルスが中耳に侵入し中耳が炎症を起こす事で発症します。そのほか鼓膜に穴がある場合はここから感染する場合もあります。

中耳炎の症状

中耳炎には、耳痛や発熱、耳が詰まった感じ、耳の穴から膿が出る、難聴などの症状があります。お子様の場合、発熱以外の症状をうまく説明できない場合もありますので、普段と違う動作(耳をよく触るなど)をする場合は、中耳炎の可能性もあります。

中耳炎の検査

内視鏡による鼓膜検査、聴力検査、外耳から圧を加えて鼓膜の動きを検査(チンパノメトリー)します。この検査により中耳に液体が貯留しているかを知ることができます。

中耳炎の治療

中耳に膿が溜まっている場合には、抗菌薬の服用を行います。また原因となっている副鼻腔炎、咽頭炎など細菌感染がある場合はこの治療が必要です。抗菌薬の服用を行っても膿が溜まっている場合は麻酔の上、鼓膜を切開して膿を排出させます。

薬がなくなる頃には再診してください。 中耳炎は治ってるか確認することも大切です。 中耳炎は場合によっては長期化しやすく、癒着して聴力低下を来したり再発する可能性が高い病気です。

当院での検査・治療の流れ

症状のヒアリング・外部診察
鼓膜検査 チンパノグラム
聴力検査

必要に応じ採血を実施

内服治療開始

再診

※ 治療の過程でさらに詳しい検査が必要と判断した場合は、連携病院や基幹病院を紹介することもあります。

医療機関の方へ
03-6823-1409 診療時間