診療予約
TOPへ
虎ノ門中村クリニック虎ノ門中村クリニック
虎ノ門中村クリニック
03-6823-1409
オンライン予約

Menu

真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎は、鼓膜の一部が中耳腔に向けてへこんでいき、鼓膜のへこんだ部分に耳垢がたまって真珠のような丸い塊が内耳にできる病気です。真珠腫は骨を溶かし内耳の神経を破壊することから難聴、めまい、顔面神経痛、細菌性髄膜炎など、さまざまな疾患の原因となります。

耳の内側

真珠腫性中耳炎の原因

真珠腫性中耳炎の原因はまだはっきりわかっていませんが、中耳の換気不足が原因と考えられています。内耳と喉は耳管という管でつながれています。この菅が開閉することで換気がされるのですが、アレルギー性鼻炎・慢性副鼻腔炎による鼻汁やアデノイド肥大があると耳管が開閉しても換気が行われないため、中耳腔が除圧状態となり、鼓膜が内側に陥没しやすくなります。

真珠腫性中耳炎の症状

初期ではほとんど症状がありません。そのため見つかりにくいことがあります。真珠腫が骨を溶かしたり、神経を破壊段階になると難聴・めまいが生じます。中耳には顔面神経も通っているのでこの神経が破壊されると顔面神経麻痺、味覚障害の原因にもなります。

真珠腫性中耳炎の検査

真珠腫性中耳炎の検査では、聴力検査、チンパノグラムで難聴の程度・有無を確認します。また、乳突蜂巣の発育状況から幼少期からの中耳炎なのかを推測します。

真珠腫性中耳炎の治療

真珠腫性中耳炎の治療には手術(鼓室形成術)が必要です。また、陥没した鼓膜の補強を行い真珠腫の再形成を防ぎます。

当院での検査・治療の流れ

症状のヒアリング 内視鏡で診察

抗生剤加療

聴力検査・チンパノグラム・CT撮影

内服治療開始

再診

※ 治療の過程でさらに詳しい検査が必要と判断した場合は、連携病院や基幹病院を紹介することもあります。

医療機関の方へ
03-6823-1409 診療時間