診療予約
TOPへ
虎ノ門中村クリニック虎ノ門中村クリニック
虎ノ門中村クリニック
03-6823-1409
オンライン予約

Menu

リンパ節の腫れ
(リンパ節腫脹)

リンパ節の腫れ

リンパ節は全身にありますが、首やわきの下、鼠径部のリンパ節は皮膚の下に集まっています。このリンパ節が腫瘍や炎症によって腫れることをリンパ節腫脹といいます。

リンパ節

リンパ節腫脹の原因

リンパ節腫脹の原因を以下にまとめます。

感染性リンパ節腫脹

ウイルスや細菌などの感染を原因として起こる感染性リンパ節腫脹は、伝染性単核球症や風疹、麻疹、流行性耳下腺炎、水痘などで起きます。

悪性リンパ腫

悪性リンパ腫は、腫瘍化したリンパ球がリンパ節を壊しながら進行する病気です。

多発性骨髄腫

リンパ球は身体に侵入した異物を攻撃する形質細胞です。これが悪性化して異常に増えるとがんと同じ状態になります。

リンパ節腫脹の検査・治療

多くの場合は偶発的にウイルスや細菌が入り込んだことが原因ですので、耳や口、鼻等に傷口や炎症がないことを確認した後、抗生剤での治療を開始します。多くの場合1-2週間で改善しますが、場合によっては血液検査を行います。

体の表面から見えないリンパ節に腫脹がないかを検査する場合やリンパ節の腫れが持続する場合は提携医療機関でCT検査を行います。リンパ節の腫れの中には「がん」などの大きな病気が隠れていることがあるので、腫れがなくなるまで経過をみさせていただきます。

当院での検査・治療の流れ

リンパ節の腫れている場所の確認。

  • 原因検査(耳や鼻・喉の傷口確認) 必要に応じ採血や超音波をします。

治療

再診
必要に応じCT/MRI検査を行います。

※ 治療の過程でさらに詳しい検査が必要と判断した場合は、連携病院や基幹病院を紹介することもあります。

医療機関の方へ
03-6823-1409 診療時間